スポンサーリンク

スロットスター主催の「スロスタ取材」「シューティングスター取材」の公約は?

イベント・公約

パチスロで長期的に収益を上げていくためには、

いかに高設定台を長く打てるかが重要となります。(天井やゾーン狙いもありますが…)

 

そのためには闇雲に台を選んでいては非効率であり、

ある程度狙いを絞って立ち回らなければ昨今のホール事情の中で勝っていくことは難しいでしょう。

 

最近では、取材ライターの来店といったメディアが取材するイベントなどが数多く行われており、

それらの公約を理解することで、圧倒的に有利に立ち回ることが可能となります。

 

全国各地にそのような取材や来店系のイベントが行われていますが、

今回紹介するスロットスター主催「スロスタ取材」 「シューティングスター取材」は、

東海地方に存在する数少ない取材、来店系のイベントです。

 

では、このスロットスター主催の「スロスタ取材」「シューティングスター取材」にはどのような公約が存在するのでしょうか?

東海地方の方は必見です。

※当サイト内における「イベント」という表現・表記は、メディア(雑誌・webメディア・ネット番組など)が行っている「取材・来店・キャンペーン」などの催しを当サイトが独自に示すものであり、メディアやホールとの関連性は一切ありません。

スロットスターとは?

スロットスターとは、

東海地方の中でも特に愛知県を中心に行われている取材です。

愛知県以外にも三重県や長野県などでも開催されています。

 

スロットスターというのは、

もともとこの地方で専業として活動していた「ゆっきー」氏による企画のようです。

まだまだお若く、イケメンであることからも今後ますます大きくなる企画かもしれませんね。

 

ちなみにこのスロットスターには、

「スロスタ取材」

「シューティングスター取材」

の二つの取材があるようです。

 

「スロスタ取材」の公約は?

スロスタ取材の公約は、

3台以上設置機種に全6を2機種投入

のようです。

 

全台系のイベントのようですので、

自分の台のみならず常に周囲の台にも注意を向けていれば自ずと狙うべき島が見えてきそうですね。

 

「シューティングスター取材」の公約は?

シューティングスター取材の公約は、

分岐営業

のようです。

 

狙い台は、各々の店の癖や傾向があると思われるので、出来るだけ特徴を掴んでおく必要がありそうですね。

 

スロットスター取材の信頼度は?

スロットスターの取材結果は、

公式HPに公表されています。

 

スロットスターが開始した2018年は、それなりに信頼度も高く公約も守られているようなことが言われていましたが、

最近はどうでしょうか?

 

どうやらホールによって大きく差があるようです。

例えば「スロスタ取材」の場合は、

公約が明確なので取材結果を見ればおおよその信頼度が図れます。

 

明らかに公約守っていないだろ!

というようなホールもありますし、

必ず取材結果から信頼度の高いホールを選んで立ち回るようにしましょう。

 

もちろんしっかりいれているホールはあるようなので。

ただ、メイン機種が全台系になりづらいのがこの取材の欠点かなとは思います。

コメント