スポンサーリンク

【一撃×DMMぱちタウン】「双龍」や「真双龍」の公約や信頼度は?

イベント・公約

パチスロでホール選びをするための最も重要な基準は、

“高設定を使用しているか”

だと思います。

 

超優良ホールともなれば、

平日や休日問わず、ある程度の配分で高設定が使用されているのでしょう。

 

…が、連日のように最高設定を多用するなんて体力のあるホールがほとんどなく、

特定日のみ設定配分を強くする程度が関の山でしょう。

 

そんなご利益のある特定日はいつなのかというと、

最近では多くの取材・来店などのイベントが行われており、

【一撃×DMMぱちタウン】「双龍」「真双龍」も代表的な一つです。

 

この公約や信頼度を知っておくだけで、立ち回りを有利に進めることが可能です。

そこで今回は、「双龍」や「真双龍」の公約や信頼度について紹介します。

※当サイト内における「イベント」という表現・表記は、メディア(雑誌・webメディア・ネット番組など)が行っている「取材・来店・キャンペーン」などの催しを当サイトが独自に示すものであり、メディアやホールとの関連性は一切ありません。

「双龍」や「真双龍」の公約は?

「双龍」や「真双龍」とは、

解析大手のサイトである一撃と、

全国のパチンコ・パチスロホール情報や、解析情報を無料公開しているDMMぱちタウンコラボイベントです。

 

“コラボ”というだけですでに力が入っていそうですよね。

 

「双龍」の公約は?

「双龍」の公約は、

4台構成以上の機種に全台 ④or⑤or⑥ を2箇所投入(非等価の場合は全台⑤or⑥)

 

「双」=ふたつ

ということから二箇所以上なんでしょう。

 

また、基本的にATから1機種、Aタイプから1機種などの構成で行われることが多いです。

 

「真双龍」の公約は?

「真双龍」の公約は、

4台構成以上の機種に全台 ⑤or⑥ を2箇所投入(非等価の場合は全台⑥)

 

「真双龍」は「双龍」の上位版となります。

「双龍」と同様に、基本的にATから1機種、Aタイプから1機種などの構成で行われることが多いですが、メイン機種やハイスペック機などにも投入される場合が多いです。

 

「双龍」や「真双龍」の信頼度は?

では、「双龍」や「真双龍」の信頼度はどのくらいでしょうか?

 

昨今のイベントでは、多くはホール側のさじ加減になっている部分も多いですが、

このイベントは比較的信頼度は高いと言えます。

 

スケジュールや結果が公式HPに掲載され、合計差枚やプラス台、

平均出玉率や平均回転数や差枚などが独自調査によって記載されます。

 

また、Aタイプが含まれることも比較的高設定挙動を見つけやすい点かもしれません。

ただ、毎回のように低スペック機に、それも④を多用するホールであれば行く価値はないかもしれませんね。

 

更に収支を上げるための必須ツールとは?

スロットで収支を上げ続けていくためには、「高設定を出来るだけ長く打つ」ということが重要です。

このような設定狙いの立ち回り以外にも、ゾーン狙いや天井狙いなど、ピンポイントでより期待値の高い台を打つなどの戦略もあります。

 

では、そのような台を見つけるためにはどうすれば良いのでしょうか!?

もちろん足しげくホールに通い、データを集めることが最も信頼のあるサンプルにはなるかもしれません。

 

ただ、このご時世、幾つものホールに対してそんなことができるでしょうか!?

否!!!

 

非効率極まりないですね。今の時代はスマホです!スマホ^^

今の時代はスマホが一台あれば、いろいろな情報が手に入るのです。

 

その中でも「データロボサイトセブン」は、

有益であり、多くの登録ホールの情報を閲覧することが可能です。

 

詳しい解説はこちら↓↓

スマホ版で閲覧できる情報はこちらです!

台番号ごとに総ゲーム数・大当たり回数・合成確率などが閲覧できるます。

角が出ているのか、台番で設定を入れるかなどの傾向をつかめます。

 

こちらは各台ごとのデータです。詳細なゲーム数に加えてスランプグラフがあるので、

出玉の推移が分かりやすいです。

一撃で伸びたのか、そうでないのかなどは、現行機種にはとても重要な確認要素です。

 

こちらは大当たりの履歴です。

よく見ると、出玉の欄も…

HANABIやバーサスでハズレが出現したのかなども一目瞭然ですね。

 

これらのデータが自宅で、そしてスマホで閲覧できれば日々の店の傾向や、翌日の狙い台を簡単に絞ることが出来ます。

もちろん、有料(スマートフォン版:月額300円)とはなりますが、

実際に店に下見に行く手間や、少しでも優位に立ちまわるためのツールとしては安いものです。

是非一度お試しください!

きっと立ち回りのお供になるはずです!

コメント